遺言を秘密にしたい場合には

自分が死亡した後の財産や遺産などの処分について、一言書き残しておきたいと思う人は少なくありません。
こうした遺言書には公正証書遺言と自筆証書遺言がありますが、遺言者が自分で遺言の内容の全文、日付、氏名を自書し、署名の下に押印して作成したものを自筆証書遺言といいます。
公証人の手を借りずに、自分自身で作成することができますが、効力は公正証書遺言と同じです。
ただし公正証書遺言が公証役場で原本が保管されるのに対して、自筆証書遺言は遺言者自身が保管方法を考えなければなりません。
遺言を無くしてしまったり、誤って破棄してしまうことがないように、その保管方法についても十分に検討することが必要です。
この遺言の存在自体を秘密にしたい場合には、遺言者が亡くなった際に、遺言書があることに誰も気が付かず、相続手続がなされてしまうことを回避できるような対策を行っておくことが必要です。
そのため偽造される恐れがなく、安心して遺言を預けられる対象として考えられるのは弁護士などの専門家です。遺言書の保管を依頼すると同時に、遺言執行者として指定しておけば、万が一の場合にも安心です。
弁護士などの専門家を遺言執行者を指定しておくと、遺言書の内容に従って手続きを進めてくれます。遺言執行者がいれば、遺族の側も安心して手続きを任せられるでしょう。

コメントは受け付けていません。