遺言書を発見した場合の手続・注意点について

亡くなった人の自筆により書かれた遺言書を相続人が発見した場合については、その相続人は、家庭裁判所に対して検認を受けるための申立てをしなければならないことになっています。
この検認というのは、あとで内容の偽造や変造がないようにするために行う手続きであり、申立てを行うのは、亡くなった人の最終的な住所地となった場所を管轄している家庭裁判所となります。なお、検認そのものは内容が有効であるか、無効であるかという判断には関係がなく、あくまでも偽造や変造を防ぐのが目的となります。
この手続きにあたっては、申立書のほかに、亡くなった人の出生から死亡までがわかるすべての戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、手数料分の収入印紙、連絡用の郵便切手などが必要となります。
ここでの注意点としては、亡くなった人によって厳封されているようなものは、検認を受ける前に勝手に開封してはならないということです。開封についても検認とあわせて家庭裁判所において行われます。
また、遺産分割の不利にならないようにと、検認をせずに処分してまったり、存在を隠蔽したりすることも、当然ながら問題になります。こうした場合、法律による罰則が適用されることもあります。

コメントは受け付けていません。