保管は専門家に頼む

自筆証書遺言というのは、遺言者本人が本文のすべてを自筆をもって書く形式の遺言で、証人なども必要なく、比較的自由に作成できるというところにメリットがあります。
通常であれは自宅のどこかにしまっておくことになると見られますが、亡くなったときに誰にも発見されないようであれば、せっかく遺言をした意味がなくなってしまいます。
ある程度見つけてもらえる確率が高いのは、実印や通帳などと一緒の場所ということになりますが、そうした場合には、亡くなるまでの間に、家人の誰かにすり替えられてしまったり、文言が付け足されてしまうなどのおそれも否定できないところです。
こうしたことから、自筆証書遺言を書いた場合であっても、信頼できる第三者、例えば弁護士のような法律の専門家に保管を依頼するというのも有効です。
弁護士などの専門家であれば、遺産の配分などにまったく関わりがなく、立場としては中立ですので、自宅に隠しておくよりも安心して任せられます。
また、こうした専門家を遺言のなかで遺言執行者としてあらかじめ指定をしておけば、死後に遺言の内容を確実に執行してもらえますので、相続人同士でのもめごとによって遺言の内容が実現されないといったことを防ぐことができます。

コメントは受け付けていません。