発見したらまずどうする?

被相続人の死後、遺品整理をしている時にでも遺言書が見つかったという話は結構あります。見つけた場合にどうすればよいのか、あとで揉め事にならないようにするためにも知っておく必要があります。
遺言書を発見した場合はまず封印がしてあるかどうかで対応が変わってきます。その遺言書に封印がなければ相続人は自由に開封し中身を確認することができます。しかし封印がしてあるのであれば勝手に開封してはならず、家庭裁判所において中身を開封することになります。これは検認と呼ばれるものです。検認は遺言書の形状、中身を確認しその後の偽造、変造を防ぐためのものです。ちなみにこの検認作業は遺言書の有効、無効を判断するものではありません。相続人が検認手続きを行うことなく遺産分割の手続きを進めた場合、例え遺言通りに手続きが行われたとしても後で揉めるようなことが起こる可能性があります。そのためにも公正証書遺言以外の遺言書が見つかった場合は、家庭裁判所で検認の申し立てをすべきです。
遺言書が封印されている場合にそれを勝手に開封したり、遺言書を偽造、変造すること等はすべて民法で禁止されています。ですから故人のためにも適正かつ、慎重に扱う必要があります。

コメントは受け付けていません。