自筆証書遺言の注意点

自筆証書遺言は、遺言者の自筆による遺言のことですが、極端な話をすれば、紙と筆記用具、印鑑さえあれば独力で作成が可能であって、特別な費用も必要ないため、広く用いられている方法といえます。ただし、この方法の遺言については、作成が簡単であるがゆえに、いくつか注意しなければならない点も存在しています。
まず、遺言書として法律上定められた形式を厳密に守るということです。民法の規定によれば、遺言者が遺言の内容の全文と、日付、氏名を自書した上で、印鑑を押さなければならないものとされています。このため、ワープロで内容の文章を打った上で、氏名の部分だけを自書するのは法律上の形式に反していますので、無効になってしまいます。
また、すでに作成した遺言書を変更する場合についても、変更した場所を指示して、変更したという旨を付記して署名をし、さらに変更した場所には印鑑を押すことが法律に定められています。これも法律を守らずに安易に訂正すれば無効になってしまうということです。
さらに、死後に遺言書の入った封筒を開封する際にあたっても、家庭裁判所の検認を受けなければならず、相続人が検認がないのに勝手に開封したり、遺産の処分をはじめたりすると罰せられます。